日本人と朝鮮人は同族なのか?


日本人と朝鮮半島人は同族か?

J.R.P Televisionでは日本人と朝鮮人を同族とする趣旨の発言を提唱しているが、それらが事実に値するか検証してみる

※(ここで使用されるY染色体(Y-DNA)、及び、(mtDNA)の分析データは後述のSourceから確認を推奨する)

J.R.P Televisionが主張している朝鮮人と日本人の同族説の根

1 日本は弥生時代の渡来人と百済から渡ってきた渡来人によって築かれたという説である。

第一にに歴史的な観点から考察すると、現在、朝鮮半島に住んでいる民族は完全な百済、高句麗の完全な子孫ではない可能性がある。

百済、高句麗の民族は日本が弥生時代を築いた後に唐、新羅の連合軍に破れ滅亡している。 400年~660年 日本が弥生時代を築いた後の事である。

その後、当時、友好関係を築いていた日本に復興運動の支援を要請するも、唐、新羅の連合軍に大敗している。 以降、百済官僚層は多くの遺民たちを率いて日本へ亡命している。

その数は不明であるが、大規模な集団移住であった事は間違いない(日本書記参照)

ここで朝鮮半島人と日本人のY染色体を見てみよう 画像(1 2)

Y染色体ハプログループ(ハプログループとは、単一の一塩基多型 (SNP) 変異をもつ共通祖先をもつような、よく似たハプロタイプの集団のことで、単倍群とも訳される。

※生物集団の一塩基の変異が、集団内で1%以上頻度で見られるとき、これを一塩基多型と呼ぶ。 この同じ変異を持つ集団をハプログループと呼ぶ。

朝鮮人と日本人のY染色体を比較すると02b(おそらく弥生時代に渡来)が朝鮮人と日本人では同程度見られる。(琉球人では約10%低下) ※調査機関によってはo2bは朝鮮人の方が多い(下記画像参照)

そして、日本人と朝鮮人の決定的な違いはハプログループDにある。 アイヌ85%  東日本30% 西日本27%  琉球45%  韓国では僅か2.5%

・少し早いが簡素化結論

韓国人と日本人(D1b)が同族なら同じハプログループDに属するチベット(D1a)民族の方がよっぽど近縁だといえる。(同じハプログループに属するが、サブグループが異なるため分岐してから3.5~4万年の年月が経ている事を示している)

弥生時代以降も百済、高句麗からの亡命者は多かったと推測されるが、唐、新羅に滅亡させられ強制移住、日本に大量移住した後の朝鮮半島に残っている民族と日本に渡ってきた渡来人が同族かは検証が必要である。

・余談(某ブログ引用)

日本と比較的に近いY染色体を持つとされるチベット民族だが、現在、唯物論国家の中国に占領され、信仰や思想の自由が弾圧されている。

中国の言い分としては、チベットは階級社会で農民が奴隷のように扱われているから開放してあげた。 あくまで平等な社会を作ってあげた。という理屈を持っているが

その理由に宗教的な迷信を利用して国民を支配していたという理屈である

相手国を悪い国と定めて、正当性を持たせて侵略する。
現在も日本に対して罪深く、悪しく国だというレッテルを必死に貼ろうとしています

それによって周辺国を巻き込んで日本を包囲しようとする考えといえます

アメリカがそうした戦略に乗って、中国に肩入れしていくならば、日本はチベットのように中国の植民地や属国のようになる運命を辿るでしょう。

そうした地域を狙って、罪悪感を植え付け、支配し、破壊しようとする闇側の勢力が働いているといえます

両国を破壊し、抑圧的な社会を、人々を家畜のように管理していく世界システムを構築していこうと狙う働きがあります。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です