小池百合子の学歴詐称問題について私的見解


  小池百合子は本当に学歴を詐称しているのか? 卒業証明書、卒業証書を公開してる現在、可能性があるとしたら裏口卒業の可能性だけ

 

小池百合子の学歴詐称問題について朝堂院大覚 総裁の親族として私が認知している情報から私的見解を述べる。

卒業証書が本人によって公開された現在、彼女の学歴詐称を疑う人間は皆無だが、現在になっても完全に疑惑が晴らされてはいない。

その疑惑の一つに挙げられる彼女のエジプト語の語学のレベルが中学生2年程度と言われる週刊文春の記事が存在する

http://bunshun.jp/articles/-/7909

確かに記事にリンクされている動画では彼女の言語レベルがとても一流大学を卒業できるレベルではない事が分かる。

 

ここで語学力の問題を追及する前にアラビア語には各種の方言が存在し、方言によっては同じ単語でも異なる発音の単語が多数存在している事を知ってもらいたい。

そこで、彼女が1998年に出版した「3日でおぼえるアラビア語」という本のAmazonのレビューを拝見してみると、彼女がエジプト在住時にエジプトで学んでいた言語は正則アラビア語ではなく、エジプト弁である事が分かる。 

そのエジプト弁の実力を検証する事ができないので、答えは出せないが、彼女の語学レベルで卒業証書を裏口だと称するのは証拠不足である。

 

ここからは親族である私の過去の総裁の発言から思い出せることを書く

 

朝堂院大覚(以下、松浦)は自身の妻に「小池百合子を大学に行かせたのは俺だ」と答えている。(10年以上前)

小池百合子の父親の面倒を見ていたから「小池百合子の全てを知っている」とメディアで主張しているが、松浦の「面倒を見る」は金の当面をしていただけである。

現在、父の裕次郎の死後、松浦と小池の接点はほとんどない。

 

J.R.P Televisionで行われている小池百合子の学歴詐称追及は豊洲移転に絡む、小池百合子に対する猜疑心から発生しており、必ずしも事実ではない事をここに記す。

 

 

 

J.R.P Televisionの記事更新の通知を受け取れます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です