間違っている現代の医療と正しい病気の治癒



 

難病、外傷、骨折、精神病、etc   世の中には数々の病気が存在するが、そもそもなぜ人は病気になるのだろうか?

そのように神にプロプラミングされているのだろうか?

病気にも、やはり原因があるから結果があるのである。

近年、急速的に社会で使われている化学物質、電磁場、排気ガス、などの地球の自然に反するものが我々にとって毒なのではないのだろうか?

 

アトピーや精神病は現代になってから急速に増えているのである。

 

 

石油を化学の力で化学的に分解して合成した作られた 地球に存在しない分子配列の薬は必要なのか。
確かに抜き歯などの激痛には帰宅後に鎮痛剤、 アトピーにステロイド
早急に開放されたい症状には有効な薬も存在する。
しかし、この手の薬は症状を抑え込む出けであり、 根本から治癒ではないのである。

ここで誤解を招かないように書いておくが、 微生物やら化学の力とは無関係の薬も多数存在する。

この特定の薬では症状を抑え込むだけで、 根本的治療がなく統合失調症、 アトピーなどは永遠に薬漬なのである。 そしてその副作用で別の病気になるのである。  最後には打つ手無しで早死するのである

自殺した柔道オリンピックの伊達、 睡眠薬常用の果てに通常の量では眠れなくなり、 致死量を医者に依頼して死んだマイケルジャクソン、 彼らに必要だったのはロックフェラー由来の石油原料の副作用まみれの薬ではなく 、 人間の本来持っている自然治癒力を引き出す法則が必要だったのかもしれない。 漢方に気功、植物が出している波動、 アフリカの何十万人の失明を防いた微生物から作られた薬 地球にはあらゆる病気を治す薬、法則が存在するのである。

この世界は物質社会ではあるが生命は幽体である。病は気から。 病気は目に見えない世界や法則を知り、原因を解消するだけで自然治癒力により、あらゆる病気は治って行くのである

骨折など外科手術に感しては僕は認めているが、 病院はとにかく人を薬漬にしている。


 


 


  •  

これまで薬漬けによる対処療法の医療では病気は一時的にか治りません

副作用の弱い薬なら数日つかうのは納得できます。

ですが、それに依存したら最後には他の病気なり、 死の階段の出来上がりです。

何度も言いますが、病気を作っているこの不自然な地球環境を変えなければいけないのです。

病の原因になっているもの、それは人間が近代的に作り上げた地球環境や不自然な生き方なのです。

病は気から。 邪気の正体を正確に見抜き自然治癒力を回復させてくれることを本 当の治癒と呼びます。

 

 

  • そのプロフェッショナルである溝の口外気功川崎本院である。 千葉一人を推奨します。

地球の法則に乗っ取った、生き方を変えることがあらゆる病気の予防、治癒を可能にします。

 

 

 

 

 

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です