DNAによって生まれる民族の傾向性について


総裁にやれ!と言われてやり始めたこのブログであるが、病院で起きた医療事故などストックだけはしてあるのだが、公開していない状況である。

そして金が少し余っていたので遺伝子検査をした結果を載せてみたいと思う。

その意義

1 民族(DNA)によって人間の性質や傾向は遺伝的な要因とその民族の後天的な主に歴史などによって変化するからである。 愛かHateなのか、光か影かも全て決まっているのである。

2   朝堂院大覚 総裁は父が北朝に敗北した南北の天皇 父型が継体天皇と血としては面白いからである。

3 やはり血が血を引き寄せるようなのである 同じDNAを持った人間はなぜか不思議と引き寄せあうなのである。 筆者だけだろうか?

これはJ.R.P Televisionの出演ゲストの傾向に(在日KOREA(笑)MIXの方が多い事からもうなずけるだろう)

ここで文章を読む前に豆知識

● Y染色体・・・ 父から男系の子にしか受け継がれない遺伝子である 。

●ハプログループ・・・ Y染色体の逆で母INFINITYである。

つまり朝堂院大総の男系の子孫ならこのY染色体を通じて父の父の父・・・・父iINFINITY まで遡れるのである。

 

筆者は女優・画家のA氏に「本当に総裁の子なのかね~?」

某キリスト協会でも「本当の家族はどこ?」

JRP出演のMCにも「あなたは総裁の息子ってのは息子みたいな存在の人達なの事?」「え~ !」と驚かれることが多かったので本当にその血なのかは謎であるが。

 

とりあえず、その結果である

 

Oはアジア人に一番多い遺伝子でDは日本人とチベットにしか見られない遺伝子である。

Qはアメリカ先住民(インディアン?) Nはフィン人  Cは日本にしか存在しないものから色々である 詳しくはWikipediaを参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93%E3%83%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

 

数%変なのが混じっているが父型は普通の日本人である。 アイヌ人ならDが80%を超えるようである

そして母の方が日本人の7%のグループAだったのである。 約3万年前にロシアのバイカル湖周辺で誕生したとされています。
アジア地域では少数派ですが、北東シベリアや北アメリカの先住民では人口の過半数以上を占めるグループのようです。

東北出身なのでロシアの方に縁があるのでしょう。

 

 

 

今回の検査は「ジーンライフ」の検査結果であるが、 Y染色体の結果は他の人の検査結果と比べてもかなり大雑把である。(比率などがほとんど同じになっている!?)

Y染色体Cはヨーロッパから日本固有のものから色々存在し詳しい分析はもう一つのゲノム解析「23 And Me」の結果待ちである。

 

そして今回の結果は父の母の方の遺伝子の検査結果が筆者の遺伝子からは不可能なのである。つまり後醍醐天皇の血である。

J.R.P Televisionに在日の方がよく訪れるのはこの血が引き寄せているとしか思えないのである。

 

ハプログループ(母)の方は大昔(何万年も前の遺伝子の突然変異のグループを追ったものであり)

ここから人種の特定などには至らないがほとんどの日本人は中国あたりが由来のDである。

 

 

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=amazonf1940-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B075FMQ8C6&linkId=12689cb0249756180e9f8d60d1285397&bc1=ffffff&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

 

 

 


 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です