筆者の韓国に対する風当たりの強い主張について


ネット上には昔から嫌韓の文化が存在する。

相手国にも反日教育というものが存在し、歴史問題によって民族間の亀裂が生まれていると推測させる。

J.R.P Televisionでも浜井氏、中杉氏などの韓国に対して強い主張する人間も存在する。

著名人でもDHCの会長など、ある程度の社会的に地位のある人間の口からも人種差別を思わせるような発言も出てくる始末である。

最近も出演者のバロン氏が朝鮮人は謝らない(笑)など言いたい放題ではあるが

筆者もあまり朝鮮人の民族性が好きではない一人なのである。

民族を一括りにしてそれを否定するのは差別だと言われるかもしれないが、差別と区別は違うのである。

 総裁がよく喋っているように戦時中の日本軍の高潔と朝鮮軍がベトナムで残した混血児の一例を考えても民族で大きな気質の差が存在するのも事実である。

 

歴代の大統領は投獄されるか自殺などをされることが多い事にも筆者は何かを感じている。

陰謀論者の中ではCIAの仕業や暗殺、という事になっていはいるが筆者は別の考え方を持っている。

人の念の力というものとても恐ろしいのである。

韓国人は恨みの念を持ちやすいのである。

言霊とでもいうのだろうか、現在のアンチ安倍政権の何倍の人の念の力が、悪化する韓国経済の危機から生まれる国民の政権への不満が大統領に向けられていたならば、ただではすまないのである。

 

縄文時代という平和の時代を作っていた日本人と比べて、大陸の方々の気質が違って当たり前なのである。

やはり愛と調和から離れた意識を持っている事が多いのであろうと筆者は思う。

 

 

 

それは日本人という高い理想や基準から人間を見た時に朝鮮半島の人間の気質がそれに劣ると考える事ができるだけで、それ以上でも以下でもなくただの言論の自由の社会での一主張である。

それをチョンだチョンだ指摘しても意味がないのも承知である。

 

では、

なぜ「J.R.Pには日本名を名乗っているが朝鮮系の方がよく集まる」など、まるで朝鮮系である事が悪い。そのような書き方をあえてしているのか。

 

ただ、このチャンネルの運動が日本を良くしたい。という趣向で行っているにも関わらず、何かそちらの影響を感じる事が滑稽だったからである。

 

 

関係ないが、他の弁護士でもう解決に向かっている筆者の交通事故で最初に総裁が連れてきたのも韓国人の紹介の弁護士だったのである。

ほとんど関わっていないので何だったのかは知らないが。

 


 

 

 

 

 

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です