J.R.P Televisionと訴訟について(笑)


最近、詐欺天国(笑)なる話を毎日のように放送していて何か個人的感情(ホリー)や悪いものを感じると思い動画のタイトルを面白おかしくして放送していたのだがついに訴訟されたようである(笑)

おそらく警告だと思うが。

「実名を載せろ。」と連絡があったが、あえて適当にタイトルをはぐらかして

昨日ちょうど「訴訟」されると書いた矢先である 2020/01/30(笑)

 

「実名を載せろ。」→仮にここで何か反論しても絶対に話が通じないので意味ないのである。

 

もしタイトルに実名なんて書いたらFaceBookやTwitterにも自動で拡散しているので完全にアウトである(笑)

 

総裁がこのような話をする事の一つに何か悪い勢力からの情報提供があるようなのである。

昔から総裁を頼って色々な人間が来るのだが築地反対運動もMXテレビもアクセスジャーナルの記者の件も元々は誰かから相談されてやっているのである。

だが、基本的に総裁のところにお願い事してくる人間の方が悪玉だったりする事も多いのである。

 

関係ないが総裁は重度の糖尿病である。 糖尿病患者の認知症発症率は健常者の数倍も高いのである。

「まさにボケじゃない。認知症っていうんですよ(笑)」そんな世界である。

弱いものの味方をしようとする精神は御立派だが、ミイラ取りがミイラになっているような惨状である。

 

朝堂院大覚 総裁はチャンネルの規模の拡大を力んではいるが、影響力を増せば増すほど言いたい放題というわけにはいかないのである。

筆者はこのチャンネルの趣向はとても好きだが、はっきりって伸ばそうとしてないのである。

取り巻きは金持ちの太鼓持ち状態でまさに裸の王様の状態である。

 

個人的にこのチャンネルは過去の動画を含めいったんリセットが必要かと思っているぐらいである。それぐらい「嘘なのか本当なのか確認できない嘘を垂れ流しているからである」

それを指摘した人間が太鼓持ちに「違うと思うよ~(笑)」と言われる始末である。

以前、筆者の交通事故で損保ジャパンと麻布警察署が談合して人身を物損に切り替えた(笑)など訳の分からない妄想をしていたのもいよいよ末期だなと(笑)

 

以前、紙の爆弾(鹿砦社)の雇われ記者を”雑誌「紙の爆弾」 高田編集長”なる記載をしていた時も鹿砦社からクレームが来たのである(笑)

ファンが更新しているFaceBookにも書いてあるぞ!などのボケ丸出しの発言ではあったのだが、元々は前任者がMOOPAL時代から書いてる事であり、今も残っているのにそちらは何もクレームがないようである。

https://live2.nicovideo.jp/watch/lv138630140

 

 

 

 

 

 

このチャンネルの事を「本物だから訴えられない」だとか「真実なら訴えてこない」など言ってる馬鹿もいたのだが、芸能人などの話なら真実でも訴えられる世界である。

 

ただでさえ、金を持っているように見える総裁だが、金目当ての訴訟だって起きてもおかしくない中、誰かが老人介護する必要があるのかもしれない・・・

 

 

ただ、話が通じる相手ではないのである。完全なワンマン体制の人間である。

筆者が前任している時代は糞どうでもいいミーハーな記事ばかりを印刷して総裁にコメンテーターをさせていたわけだが。

ほんと、そのレベルの事以外はこの人はもうやらない方がいいと思う次第である。

 

本来は引退しなければいけない歳だが、何かのために生涯現役を繰り返すのは立派な事だと思うが、さすがにワンマンはもうやめた方がいいのではないのかと思われる。

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です