ストレス社会における脳疲労と睡眠の質と空間エネルギー


現代人が軟弱で世の中に希望が持てないという精神的な弱さを以前の記事にも記載したが、人間のメンタリティーがネガティブになる事の要因にやはり睡眠というものはとても大切だという事をこのUber Eats 日給二万円から始まり、その後、六ヶ月の間、週1の休みでプログラムに漬かっていた事から深く実感するようになった。

 

「飽きる」「眠くなる」は脳疲労の2大サインと言われるように勉強期間中に脳疲労をよく実感する事があった、引っ越しとなれない新生活やその他(略)が原因で脳が疲労して勉強の効率が落ちていっているような感覚がやはり強かったのである。

これから正社員を控え、良い成果を出す事に良質な睡眠を研究しなければならない。を考える事で分かった事を記す。

 

——————脳疲労の原因とは——————–

それは、高度に発達した情報社会の中で、インターネットやスマートフォンの普及により、
情報が光の速さで飛び交い、現代人が1日に触れる情報量が増加しているからです。
総務省が2009年度に、日本で流通している情報量を推定した結果、1日DVD約2.9億枚分にも達するという調査結果を報告しています。※4
簡単にコミュニケーションが取れ、情報の溢れた便利な時代になりました。
しかし、一つ一つの問題に対する速い判断が求められたり、情報の処理が追いつかなかったりすると、大容量の情報処理を一気に行うことになり、脳が処理しきれない状態となってしまいます。

・5感を使わずに目と手だけを使う長時間のパソコン作業

・人間関係、金銭や将来やその他の悩み

・夜でも明るい照明(特にLED) 目が疲労すると脳も疲労する

・その他、人の念などetc

 

——————脳疲労の原因とは——————–

 

様々な原因はあるが、脳疲労を起こすと集中力が落ち、記憶力が減退するだけはなく酷い場合には自律神経が乱れ、不眠症や精神病になり軟弱(将来に希望がなく長いものに巻かれるしかないJRPの一部アレな人達)な人間が完成するのである。

マイケル・ジャクソンも不眠症にならなければ睡眠薬の過剰投与などで死ぬこともなかっただろう。(筆者も入院中の臓器が焼けている間は28日間、ほとんど寝ていないのである) 不眠症とは経験しないと分からない苦しみがあるのである。

筆者は5年前程から、勧められて利用していた空間エネルギーというものを思い出して睡眠を試みたところやはり、新居でも確かな効果があったので書いてみようと思う。

 

これらはとても霊感商法やオカルト的な抵抗が生まれやすいが、ある一定の形には何か力がある。と考える事をまず事前知識と理解してもらわなければ少し抵抗が生まれるだろう。

 

例えば自然界には黄金比というものが多数存在するのである。

これは人間が美しいと感じる比率なのである。(人の顔にも黄金比が存在する)

イエスキリストは顔が黄金比だったとか(噂)

 

これもやはり科学的には証明できないが確かに身に見えない形として存在エネルギーはやはり存在するかと思われる。

 

そしてロシアの大学で行われた研究で確かにピラミッドという四角錐の構造に電磁が集まっている、それも偶然とは思えない形で王の部屋や女王の部屋に集中していたのである。

 

https://gigazine.net/news/20180804-pyramid-giza-focus-electromagnetic-energy/

 

これらの事前知識を元に岩崎士郎氏が世に出しているハーベストという空間エネルギーグッズを試した筆者が確かに良質な睡眠を取れるようになったこと。

彼の提唱する理論は尖ったものの先端にはエネルギーが集まる。というとてもシンプルな話である。それも、四角錐や三角錐のような立体系のものがよりエネルギーを集めるようである。

彼がその理論を応用して開発したものが下の画像の商品である。別に購入しなくても折り紙で三角錐をたくさん作って、重ねまくって部屋の四隅に置いてもいいのだが、こちらの方が利便性やらその他良いと思われる。

 

どうでもいい失敗談だが筆者も何日も眠れなくて焦った結果、病院で作ったのだが、結局は臓器が焼けているので眠れなかったのである。

ナースコールを振り子にしてペンデュラムで自分の生死を占い(やはり死相は見えなかった)していたり、何かと変人扱いされてしまったのであるが(笑)

まあ最終的に筆者が全て正しかった事は「大病院で起きた医療事故と医者の品性の低下」で証明されているのだが、第六感が鋭く、大切な事を全て何かが伝えてくる筆者に勝る事はまず凡人の彼らには不可能なのである。(臓器の焼け野原からの回復も一年と言われていたが、3月というのはやはり占いやらで当ててしまった結果、 医者に「調子に乗るなよ」と言われた始末である。

http://kokone.koriana.jp/www/wave/sesa/ensuiu4seal/

 

新居で最初、部屋の四隅に置いて睡眠をしていたのだが、模様替えでベッドの位置を四隅の中心から大きくずらしてから早朝覚醒するようになり、少し眠りの質が落ちてきたのだが

ベットの四隅にも同じような構造を作ったら、やはり安眠だったのである。 これは4年前から試しているが確かな効果があるのである。

 

空間エネルギー商品にはオルゴナイトというものも存在する。アインシュタインも興味を持ったとされているが、これに関しては特に記載する事はないが、興味のある方は。

 

 

空間エネルギーは社会のあらゆる問題を解決する可能性を秘めており、科学的には証明できないがとても奥が深いのである。

 

ここまで書いた事は黄金比やピラミッドなどの科学的に証明できないが、「確かに存在する何か。」を信じるか信じないかという話である。

 

 

そして、このような脳に障害を持ったジジイも元を辿ると長年の睡眠の質が影響しているのかもしれない。

彼の事を嫌ってるわけではないが、性質に問題があるようである。

脳疲労による酸化ストレスには食事から適度な休憩、海や森やら五感を感じる空間で過ごすなどの対策があるが、やはり深い睡眠が一番、脳の酸化ストレスに効果的であり、それらは必ず仕事のパフォーマンスを向上させる事だろう。

 

 


 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です