Segway-Ninebotなどのスマートモビリティが日本で流行しない背景と是非 スマートモビリティの可能性


 セグウェイが7月15日をもって生産終了と大々的に報道されているが、二輪車モデルの普及には至らなかったが、セグウェイ社のスマートモビリティの開発はまだ終わっていない。

スマートモビリティの普及によって日本社会に大きな影響を与える可能性について思ったことがある。

 

筆者 は Segway社の Ninebot キックスクーター ES2を所持しているのだが、現在住んでいる地域でとても重宝しているのである。

オーガニックに力を入れたスーパーに通うのに往復で20kmなのだが、このキックスクーターに外部バッテリーを取り付けると往復20km走る事が可能なのである(時速は27km)

ちなみに時速17kmのモードなら45kmの走行が可能である。

その他のセグウェイ製品は知らないが、おそらくキックスクーターモデルが最大距離が長いと思われる。

日本でのセグウェイはお遊戯で使われている印象が強いが、立派な交通手段として欧州では公道や歩道も法律で走れ通勤、通学に使われているのである。

 

現在の日本では保安部品を自分で取り付けて、原付として登録する事で公道は走れるようになるのだが、少々不便である。(歩道走っても青切符踏み倒す事は簡単)

 

日本の法律で許可され、新たな移動手段として認められる事は日本の通勤に革命を起こすと筆者は常々考えている。 渋谷から新橋(9km?)までは満充電で往復可能な新たな移動ツールであるセグウェイは満員電車を東京から消滅させ、駅からのアクセスが悪い土地の利用価値を高め固定資産税による税収すら跳ね上げる可能性があるからである。

 

以前、JRP Televisionに出演した宅地オジサンと筆者は呼んでいるが、土地税が明治政府の財源の7割で自民党政府が固定資産税の税収に頭を抱えている。などの話をして下さったのだが、動画は橘謙三氏に言われ非公開にしていたが、筆者の入院中に公開になっているようであるが。

https://kokudo21.net/

 

セグウェイが日本で新たな移動手段として認められる事は日本に良き影響を与えてくれるのではないか?と筆者は思う、

年寄りや日本人は新しいものに対する好奇心が低く、ヨーロッパのように早急にセグウェイ普及に積極的な姿勢を示さないが、ニーズが増えその価値を認める人間が増える事で一歩進んでいくのではないかと思います。

筆者はセグウェイの広告塔のように繁華街(歩道)を走り回っています、

青切符を切られても何度も踏み倒した経験がある自信から交番前でも走っていますが、特に問題になった事はありません。

警察は名前と住所と免許証番号を控えると、その場で逃走しても現場逃亡で逮捕できないのです。(サイン拒否の例)

おすすめは出頭して略式起訴を拒否(セグウェイの見せしめにもならない限りは必ず不起訴になる)

 

ちなみに原付として登録せずに保安部品もなしで逮捕されると 自賠責未加入で30万  整備不良で20万の罰金になります。

ですが、普通は厳重注意で終わります。

 

重量は12~14kg   折り畳めば駐車場はいらず電車にも一緒に持っていけて、部屋に保管できるセグウェイは東京郊外の駅から遠い土地の価値を高め、新たな通勤手段として満員電車(〇〇)問題を解消できる可能性を筆者は応援したい。

 

 

保安部品の予算は2万円ほどで簡単に取り付けが可能です。

 

https://www.pcs-toki.com/ninebot/

筆者の家は駅からかなり遠いので面接などで東京に行くときは駅までセグウェイで20分程です。 電車に持ち込む事でアクセスが不便と思われる地域からの通勤の可能性を考えさせてくれました。

雨の日は滑りやすく危険性が高いが、ニーズが高まれば対応タイヤが商品化される事と思われます。

 

事故の危険などは車やバイクと同様に功利主義として正当化されると思います。

ビル・ゲイツスティーブ・ジョブズジェフ・ベゾスといったIT界の著名人達が「人間の移動形態を変える革命的な製品」と絶賛が

それが当たり前の世界になった国では人々の行動の選択が変わっていく事で世の中はなるように動いていく

 

 

CHIC-Robot JAPANは独自で外部バッテリーを日本の電圧に対応させているとの情報

確かに、外部バッテリーを正規で別のサイトで購入すると、充電する度に外部バッテリーを取り外して充電しないと満にならず不便でした。

外部バッテリーと本体を同時に購入するならCHIC-Robot JAPAN(バグの原因を防いでくれる)日本仕様のSegwayで外国仕様のSegway外部バッテリーを使うと故障する。

 

筆者の推測でしかないのだが、どうもsegway本社も理解できていないバグが現在は多いようで、定期的にバグの修正のアップデートがあるのです。

日本仕様というよりは、共通モデルで日本のコンセントだけで稀に起きるバグが存在していると推測されます。

原因を本社に報告できればアップデートで対応できるものだと思いますが、販売店側で解決しているお店があるという事だと思います。

 

筆者の充電する度に外部バッテリーの取り外し問題は本体の基盤とバッテリーを交換したら普通に外部バッテリーも刺したまま満充電できるようになりました。

筆者は別の正規店で外部バッテリーを購入したのだが、間違いなくメーカー正規品の純正だったという事で、日本仕様というよりは本社も理解していないバグが特定状況下で起きていると考えられます。できれば理解の深い販売店で購入する事をおすすめします。

 

 

 

https://item.rakuten.co.jp/life-life/segwaykickscooteres2-batteryset/

 


 

豊洲~レインボーブリッジ~芝浦までを合法的に走行している動画

 

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です