コロナショックで未来への希望を失ってしまいそうな方々が道を踏みは外さないようにするには


前回の記事の下部でも触れたが(

 

 

コロナショックでリストラや倒産によって未来への希望を失い自暴自棄になったり、その不満を人や政治のせいにしたりしだす人間が溢れかえる事が予想されるのである。

 

どんな状況でも人として未来に希望を持ち、より良い未来に向かって肯定的な活動をしていくにはどうしたらいいのだろうか?

 

筆者はその答えは全て霊性にあると考えるのである。

 

これも宗教についての記事で触れたが、人間は原住民だったころは自然と調和して生きていた生き物である。暴力による致傷率も縄文人は世界トップで低く、アメリカ先住民の虫歯発症率はほぼ0%である。

 

人間は文明化をしていく過程で幸も不幸も経験するようになったのである。

 

そして、今の資本主義という競争社会、格差社会が生まれてしまったのであるが、敗者には残酷な世の中なのである。

人間が文明化に向かった事で自然界と波動という世界で共鳴できなくっている事が人間が精神的に病気になったり、自暴自棄になったり、八つ当たりしたり原因なのである、

近年によく見かける、人生が行き詰ってインターネットでその憂さ晴らしのように著名人へ誹謗中傷を繰り返したり、自分の不幸を政治のせいにしている人間もたくさん存在するが、彼が軟弱にも自分の不幸を乗り換える力や気力が存在しないのも全ては霊性から起きていると筆者は考えるのである。

 

霊性とは自然界と共鳴して生きると言い換える事もできるのだが、精神病も元はここから来ているのである。

 

簡単に説明すると、本来の地球になかった生き方を人類がしているから、不調が生まれているという話である。

最近の「すぐ切れる」ような現象も地球に本来、存在しない化学物質を地球にしか適応できない人間が食やその他から体内に蓄積するから起きているのである。

 

病院には癌患者で溢れかえっているが、それも全てはその不調和から起きているである。

 

こんな時代に自然界と調和して生きる生き方を学びたい方にここをおすすめしたく記事を書きました。

 

コロナショックで希望を失ってきている方々が道を踏み外さず、強く生きて欲しいという願いです。

コロナショック(ホテル編)

コロナショック(Youtuber編)

 

 

 

 

もし興味がある方はこちらから

https://tamacli.jp/https://tamacli.jp/

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です