沖縄のNo1リゾートホテルを自称するアクアチッタナハの現地レビュー その価値は貧困者が増えるアフターコロナに!?


沖縄の希望星!?と書いた格安ホテルの現地に実際に行ってきたのでレビューをしてみたいと思う。

中には筆者が好きなだけだろ? と批評もされているが(確かに孤独なので賑やかな場所が好きである。)、アメリカのトリップアドバイザーで沖縄2019年度の人気ホテルNo2になっているホテルである。

 

トリップアドバイザーが発表!沖縄でファミリーに人気のホテルTOP20

https://mama.lovetabi.com/2019/03/27/okinawa-hotel-ranking/

最初に着いた時に感じた事は希望の星!?と書いたようなインパクトはなかったのである。

なぜ、過大な期待をした経緯を記載したいと思う。

妙名判断というものを後存知だろうか? ただの占いなのだが、当たる人は本当に当たっているのである。 元々は神道系の教祖が作り上げた物なのだが

例えばTKやジャーナリストのMRの名前を入れてみると、犯罪行為に走る可能性と書いてあるのである。(彼は山あり、谷ありの人生を歩んでいるようである)

X氏の非行を見てもらえれば、その場しのぎで適当な事を言うタイプというのは納得であろう。

J.R.P Televisionに携わるスタッフの一部(支持者)に社会のはみ出し者が多い事とその意味

朝堂院に関しては「敗北」である。 彼の現状は悲惨です。

 

 

妙名判断の流派によっては特殊格というものがあり、世の中に大きい影響を与える人間には総格に特殊格がついてる事が多いのである。

TKは人格に特殊画数があるのだが、ただの脳天気なバカという意味である。

 

ちなみに筆者は非公開だが、なぜか孤独なのが当てられてしまっているのである。

総格や外格が良いので友人や恋人に恵まれるが、なぜか去っていくのである。やはり孤独なようである。

利己的というのは謎だが、友情より自分が何かしてる時間が大切だからだろうか

 

他にも橋本龍太郎も総が特殊なのである。

そして自殺した電通の高橋まつりさんですが、彼女も世の中の労働に強い影響を与えたのである。(彼女も総が特殊画数である)

特に働き方改革を後押ししたのは、27年に過労自殺した大手広告会社、電通の新入社員、高橋まつりさん

https://www.sankei.com/life/news/180629/lif1806290034-n1.html

 

そしてこのホテルの総支配人も特殊画があるのである。 やはり何か世の中に影響を与える力を持っているのではないか?と思ったのが始まりである。

それが筆者が希望の星になるのでは? 思った経緯なのだが、実際に現地に行って見ると、確かにほぼ隣や前にもホテルが5つ程あるのだが、一人旅、カップルや家族連れが旅行を期待するのなら間違いなくここ一択なのでは?と筆者は感じる。

 

 

だが、特殊画?と感じるほどのインパクトをプールには筆者は感じなかった。

なんちゃってシンガポールなのである。

これがもし、沖縄に大きい影響を与える存在だとするのならば、今までとは違う世界になっているアフターコロナなのではないだろうか?

 

 

一つは圧倒的なコストパフォーマンスである。 安い部屋で一泊3000円、筆者が宿泊したダブルベッドの部屋で5000円である。 (写真の後ろにも大きいソファあり、風呂含めて結構広いです)

 

 

だが、ホテルにチープな感じは一切しないのである。(シティシリゾートのライバルはノボテルというフランスチェーンのホテルが存在するが二倍程高い)

もう一つは世界遺産である首里城を遠くから眺められる事もあるのかもしれない。

一年前に全焼して現在は存在しないのだが、再建設中であるが夜はライトアップした首里城を遠くから眺める事はできるのだが、再建設後はライトアップが近代的になっているかもしれない。

コロナの影響で沖縄は外出規制があったにも関わらず、外国人が7割を占めていました。

250弱の戸数があるにしてはやはり客足は少ない方だったでしょうか。

沖縄の希望の星!?と書いたのだが、やはりただの人気ホテルでは?感はいがめない。

高い料金を払って良いホテルに泊まれるのは当たり前な事なのだが

これから1~2年で日本、世界で大量リストラが進み、今よりも悲惨なコロナの感染状況の中、ホテル業界が大ダメージを受けた時に、リストラによって中間富裕層、富裕層が減った世界で高級ホテルは果たして生き残っているのだろうか? 

このホテルは現在でもトリップアドバイザー、沖縄ホテルランキング2019年でNo2であったのだが(一位はシティではないリゾートホテル)

このホテルが何か特別な物だったという筆者の妄想の中にはコロナで生活が変わった未来において起こりえる可能性が存在するのである。

そしてホテルアクアチッタナハから飛び降りた自殺者に関してだが、下にはマットが敷いてあり、ニュースになっていないのでおそらく生きているのかもしれません

 

現場にはチョーク跡はなかったです。

現地調査によると飛び降りたのは外国人のようである。

前日までプール併設のバーの店員と笑いながら酒を飲んでいたようである。

TwitterやYoutubeには以前から「米国人が恋人との亀裂で自殺した」と書いてあったのだが。

外国人なのは間違いないので、本当なのかもしれない。

そこで一つ、このホテルの問題点が三つあるのである。

1 客は多くはなかったが、そこまで広いわけではないプールに男女が酒を飲みながら過ごしているのである。

2 外国人などの露出の激しい水着が多かった事(筆者がたまだま?)

3  子供も多い。

1、2などは本当にフリーセックスの人しか客足がなくってしまう可能性があるのである。

1と2のセットは渋谷のハロウィンと一緒で人が集まるところは、最後はただの乱痴騒ぎの場になってしまうのかもしれない。

これではせっかくの夜景を楽しめる最上階も客層が限られてくることになるのである。

 

ルーフトップバーの席だけで100席程、存在するようで屋上はプール以外にも飲食や夜景を楽しめるようにはなっているのだが、

客層が限られてくると、家族連れやカップル客の足が遠のいてしまうような気がしてならないのである、

そして、自殺した外国人であるが、SNSの証言が本当なら1に起因していたのかもしれません。

自殺した動画を見ると、I CAN FLYの覚醒剤だと思っていたのだが、道路の近くには

3Fの建物があり、そこに落ちれば7Fから飛び降りた事と同義になり、道路に落ちたかった故の飛び降り方だったのかもしれません。

 

純粋で一途な人間ほど、ショックが大きかったのかもしれません。 バーの店員と前日まで笑いながら酒を飲んでいたらしいので。

——————-ここからホテルとは無関係————–

彼女に振られたぐらいで自殺する人間について一筆

器が小さい人間は些細な事で傷つき、死んでしまうのである。

人間の器が小さい事の一つの原因に、人間は地球に生まれてくる時に本来の魂の経験(辛い事を乗り換えてきた魂の経験)を失っているのである。

器が大きい人間ならば、この程度で自殺まで考える事はないのだが、魂の器が小さいのである。繊細とも呼ぶし、どういう理屈か知らないが、人間は生まれた時点で元々の記憶や経験をリセットされ生まれているという説が存在する。 

溝の口気功院ではこれを封印されていると呼んでいる。(ごく稀に生まれつき封印がない人もいる。推測だが魂が宿れる肉体は先祖のDNAも何千年も引き継いでるわけだが、先祖の重い意識を抱えていない人が多いのかもしれない。)

なぜ、地球に生まれてくる魂が封印という形で1からやり直されているのかは定かではない。

その封印解除というものは、霊感商法のように信じがたい話ではあるのだが、元々は古代イスラエルの宗教儀式で行われていたという説がある。

気という概念には量と質が存在するのである。

量とは文字通り、よく出ているとか出ていないとかそういう話である。

質とはその人の気が人にエネルギーを与えるパワーか

それとも人から奪うだけのフォースか

 

もっと言い換えれば、神の意識(意識が高い)か悪魔の意識(意識が低い)である。

空想、空想!って言われるかもしれないが、君たちが今見ている世界も光を脳が電気信号で感じ取っているだけの世界である事を忘れてはいけない。

数億光年先の宇宙から地球を見ると、いまだにビッグバーンなのである。

 

分かりやすく言うと

光は光速だが、光を目が感じ取るまでに 光の速度と視覚までの距離の分、タイムラグが存在する。

目の前にいる人間ですら光速であるが、それは御自身の目に光として届いて、それを脳が電気信号として処理しているだけなのである。

世の中は脳が音や光などを神経を通じて電気信号で感じ取っているだけという

我々が感じ取っている全てがただの、電気信号なのである。

完全に空想なのである。

そして本題であるが、世の中には生きている世界が違う人が存在するのである。

第六感が発達していて霊を感じ取れる人もいれば、旧約聖書に書かれているような何かを感じ取れるもいれば、法則としてこの世界を感じ取れる人もいるのである。

未来を予知するような人間も存在するのである。

凡人には理解できない世界が存在するのである。(一歩間違えれば統合失調症)

 

 

些細な事で動じない魂を作り上げるという事も気功院では行っているのである。

コロナショックで自殺しそうな方にもおすすめしたい。

そんな気功院の紹介である。

 

https://tamacli.jp/https://tamacli.jp/

——————————-END———————————-

まだ序章のホテル倒産ラッシュであるが、コロナは後2年は続くと予想されている。

https://president.jp/articles/-/35755?page=5

妙名判断と直感ごときが根拠だったわけだが、格安シティリゾートとしてアフターコロナで天下を取っている可能性を感じた次第である。

既に2019年のトリップアドバイザーのホテルランキングでは2位だっただけに、今後に期待してもいいのではないだろうか

 

 

 

妙名判断なんてアホなって思うかもしれないが、人間の魂が歴史を繰り返している事と関係しているのかもしれません。 なぜか身の回りの人間をぶち込むとほとんど当たっているのです。

 

https://namaeuranai.biz/

 

 

特殊格流派

https://enamae.net/

 

凶が多いから悪いという事はなく、どうも凶が多い人ほど、精神的に落ち着いてる人が多いような気がします。(自殺者にも多い)

特に人格が吉以上の方の永遠なる未成年児感はすごいです。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です