5月にコロナで安倍政権が終焉を迎えると書いた事が見事に的中した事とその原因について


過去の記事

「JRP・朝堂院は嘘は絶対に流さない」というタイトルの動画と自民党政権のコロナによる危機と在日問題について

今年の5月に

>>今回のコロナによってどん底に向かっていく経済状況で自民党政権、安倍晋三政権は政権交代やポスト安倍の可能性、危機を迎える事になるのだが、完璧ではない安倍政権だが、そのままでいいんじゃないか?なんて事も筆者は考える。

 

と書いたが見事に的中したようである。 自分の不幸を政治のせいにしている暇があったら、努力しろ。とも書いたが無駄だったようである。

他の誰かのような未来予知のような高度なものではなく、これだけ人から念をもらってタダで済むわけがないと前から思っていたところ、そろそろやばいな。と感じただけである。

 

韓国に比べればマシだが、国民の不幸の怒りの矛先は国のトップに向かいやすいのである。(韓国の大統領はみな自殺か刑務所)

 

自分が不幸な時、辛い時にそれを政治や人や誰かのせいにしたり、その苦しみを八つ当たりする行為や攻撃的な感情が彼を追い込んだと思われます。

 

 

新型コロナウイルスが流行し、その対応について政府への不満が高まっていることもあります

また自粛要請を受けたお店なども、倒産に追いやられていることろが多く出てきていますので、恨みの念もあったと思います

病気の流行により社会に不満が高まってきていましたので、それらはやはり国のトップに向いていく事があるでしょう

そうした負の念は、本人が強い意志を持っている間ははじき返すのですが、気力が弱ってくると身体の弱い所に出てきたりします

今回も安倍首相がコロナ対策など、想定外の出来事に遭遇してストレスが高まっていたことと、多忙で弱っている所に負の念も来ていたのではないでしょうか

これから日本は乱気流の中に入っていくように、もっとひどい世の中になるかもしれません。

 

自分が不幸な状況にある時、歪んだ正義感で政治や人に八つ当たりしていれば苦境から抜け出すことは絶対に不可能です。

それはとてもエネルギーを使う行為ですし、いずれその念は自分に返ってきます。

つまり誰も幸せになりません。

朝堂院は最近は筆者にボコボコにされてやめたようだが、ずっと日本が貧乏なのは安倍のせいだ。と誘導していた男であったが。

 

そのエネルギーを希望を持って、もっと肯定的な事に使ってください。

聖書では「神は乗り越えられない試練は与えない」と言います。 倒産した飲食店の中にはデリバリーサービスを新しく始めたり、生き残る事はできた店もあるのではないでしょうか?

Uber Eatsに救われた飲食店は都内には多かったようです。

筆者はUberが日本上陸した時から配達員登録していたのだが、いつも目の付け所がシャープです。

 

 

大事な事なので二回言いますが「そのエネルギーを希望を持って、もっと肯定的な事に使ってください。」

そんな気力も失ってしまった方にご紹介したい気功院

https://tamacli.jp

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です