善も悪も神(創造主)が創造したもので、悪と戦ってはいけない。


TKや共謀罪(組織犯罪処罰法)に反対しているジャーナリストのM小Rの写真を気功院に持っていく度に、いつも言われる言葉があったのである。

 

「素粒子に〇〇〇がついてる。 悪と戦ってた。善も悪も神(創造主)が創造したもので、悪と戦ってはいけない。」

 

素粒子に〇〇〇がついている職場の人間の写真を持っていくと、稀に言われる事があるのである。

 

過去記事

朝堂院氏の自民党政権転覆は個人的な思いが強いのではないだろうか?

自民党政権転覆が仮に一種の悪の動向だったと仮定しても、一度転覆してその結果として世の中が悪かろうが、良かろうが、どちらに傾こうが、その過程を経験したからこそ良い未来が創造されるのかもしれない。

 

つまりこれも昔、その気功院で言われた事だが「悪を悪と決めつけて、阻止しようとするのはおかしい」

 

という事である。

 

ただ、「そのプロレスもきっと何かの役に立つかもしれない。」という糞記事を書いてる弁明です。 以上。

 

例えば、いじめで自殺した高橋まつりさんですが、自殺をした事で日本の労働環境に大きな影響を与えました。

いじめという悪があったからこそ、結果が世の中に良い影響を与えた一面もあるのです。

残酷ですが運命には逆らってはいけないという事なのかもしれません。

 

 

筆者の世の中に対する見解は、この気功院とは一致していないが、目指している物は一緒なのでしょうか、そのような哲学を教えてくれた気功院のご紹介

 

https://tamacli.jp/

 

悪と戦ったら殺されると言ってるおばさんもいました。

 

今回の交通事故は背骨の横突骨(TOKIOのリーダーが梯子から落ちて骨折した)と持病箇所以外はたいした怪我ではなかったのだが、それでお金がもらえたのである。

交通事故、単体で見るとまったくたいした事なかったのだが、その後起きた事故は完全に殺しに来ている世界でした。

 

事故の詳細

大病院で起きた医療過誤と医者を志す人間の品性の低下

 

さすがにな・・・(笑)

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です