前回のタロットカードで占った二人の運勢が見事に的中した事と、筆者の思いの再確認について


朝堂院大覚氏と実践実学のA氏の運勢をタロットで占ってみた結果

 

 

実践実学チャンネルをのぞいてみたら、5日前から停止しているようで、ペナルティなのか、お休みなのか知らないが朝堂院しかり見事にタロット占い通りになっていっているのではないだろうか

 

中央 聖杯  Ⅶ 逆位置

 

キーワード:現実的な活動、イメージの現実化、夢から目覚める、理想に幻滅する、依存からの脱却

逆位置でのカップの7は、正位置の解釈から反転して、強力に現実に引き戻されるという意味を持つカードです。

そのため、このカードが逆位置で開かれると、強いショックを受けて夢や理想が砕け散るなど、精神的な苦痛を伴いつつも現実に引き戻されます。

それ自体は良い意味を持つカードだと解釈できるのですが、当の本人にとっては痛みを伴うものですから、なかなか受け入れ難いかもしれません。

このカードには、現実逃避のための依存的な問題も、解消へと向かうことが読み取れますから、食生活や生活サイクルも整い、正されていくと解釈して良いでしょう。

 

>一回目を占った結果は依存と始まりと終焉でした  依存はまさに現在のAに当てはまるのではないでしょうか

 

実践実学がペナルティをもらったのなら、ライフは残り2回という事でやはり終焉(DEATHのカード)に向かっている可能性が高いようです。 今はFaceBookでやっているようですが。

 

 

自分を占ってみると、EMPERORが逆位置で出たのである。

逆位置の意味

キーワード:横暴、勝手、傲慢、独断的、孤高の憂鬱、無責任、疑心暗鬼

皇帝のカードが逆位置で開かれると、孤独なリーダーとしての悪い側面がフォーカスされます。

それは協調性を欠いた、横暴で勝手なふるまいを表したり、傲慢になりがちで、周りから敬遠されるようになるのです。

この皇帝のカードは強く結果を引き寄せますが、その反面多くのものを犠牲にしがちです、部下や同僚、友人や家族を蔑ろしてに、自らの目的のために邁進し、周りに敬遠される、それが逆位置の強い意味でしょう。

 

結果は出すが多くの物を犠牲にしているという・・・ 横暴や傲慢や独断、それが悪かは定かではないが筆者の思いを書いて置こうと思う。

なぜ交通事故から退院後に筆者が過激化したのか?

元々、このBLOGは朝堂院の指示でやらされていたのだが

朝堂院「俺の喋ってる事を聞いてれば書けるだろ」

筆者「いや、お前と同じ意見になるわけないだろ」

のやり取りの後に「朝鮮人と日本人は同族か」の処女作の時は朝堂院に原稿を印刷して見せたら、「俺は見ない!」とだけ言っていたのでそのまま公開したのだが。その後も小池百合子の学歴詐称など元々転職希望者であったので、上の顔色を伺う事もなく好き放題やらせてもらっていたのだが・・・・

朝堂院は筆者に関して、「大川隆法の息子と一緒だ!」

と発言しているようだが、彼(息子)の動機に「大川隆法、幸福の科学が世の中に良い影響を与える事はない」というシンプルに発言している動画を見たが、論理的ではないが親に対する不満や組織に対して思うところがあったのだろう。

ここからが筆者の思考回路になるのだが

元々、このチャンネルは会社で言えばベンチャーで世の中に対する強い影響力は持っていないと感じるが、言霊とでも言うのだろうか「嘘も100回言えば本当になる」「ダメだダメだ言ってると本当にダメになっていく」

 

言霊とは

現実事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

このテレビが開始されてから7年以上を思い出してほしい、彼がプロパガンダのように憎しみを全開にしていた石原慎太郎、安倍晋三、麻生太郎、小池百合子、日大の田中(アメフト)、森喜朗の息子の不祥事などみんな失墜しているのである。

 

コロナの時期も「日本大恐慌の始まり」、デ〇ィ夫人や仮想通貨RONを詐欺呼ばわり、オリンピック中止を連呼したりと筆者には悪い言霊を繰り返しているようにしか見えないのである。

 

スピリチュアルの人の中にはバブル崩壊について面白い見解を持っているのである。

現象としては日銀の橋本龍太郎がいずれ崩壊するバブルに皆が土地を買いあさる危険性を考えた後に総量規制を行ったわけだが、その行為としては正しいわけだが

皆が土地を買いあさっていた時期に乗り遅れて人間の嫉妬がバブルの崩壊を起こしたという説を唱えるのである。

 

大蔵省としては、土地価格が崩壊するなど考えもしなかっただろうが、それで救われた命もあれば、ただの借金持ちになった人もいるのである。

 

総量規制しなくても、いずれは崩壊するので遅いか早いかの話で、遅ければ「俺も!俺も!」と土地を買った人間が借金持ちになっていたのである。(例:阿部寛)

 

筆者は人の写真を見ると、その人間に生霊や念を受けている事を感じる事があるのだが、

暗号通貨を購入した知人がFaceBookでバブルの頃に自慢していた時にも嫉妬が渦巻いていたのである。

そして案の定、主にEUなどが仮想通貨を規制していった結果なのかは知らないが暴落してしまったのである。

 

これにも億り人への嫉妬が多くで起きていたのではないだろうか?

 

言霊というのは予想以上に恐ろしいのである。

 

そして朝堂院大覚氏の意識にはバッチフラワーで言うホリーという憎しみや妬みのエネルギーを強く持っている人間なのである。

金も力も失った野望しか持たない男の哀れな末路ではあるのだが

 

筆者の交通事故でも「嘘も100回言えば本当になる」の如し、散々暴れまわってくれたようだが、しょせんこの男は筆者には絶対に勝てないのである。

以前、暴れまわっていた時になぜか逮捕された事もあったぐらい、今回は鬼のクビを取った気分でいただろうが、見事に敗北したのである。

 

何度も言うが影響力もないチャンネルなんて放っとけばいいじゃないか? はい、その通りなんだが、「時には強引に自分を貫いても、それが誰かのためになる事もあるのではないだろうか?」

 

JRP Televisionの目的が世の中の平和なら、世の中の役に立つような事をやるべきである。 そして放っておけばトラブルメーカーのこの男がいつだれに迷惑行為を繰り返す事か考えると、やはり潰しておくべきなのかな。という一面もありました。元々、彼の力ではなかったので潰すのは簡単でした

 

 

最初は慰謝料が入った後は、前職なんてほうっておいて、しばらくずっと忙しかったから優雅に暮らそうと思っていたが、やはり奴から妙な念が飛んできた瞬間にぶち切れたのである。

 

 

 

 

もちろん世の中はもっと複雑でこのチャンネルが起こした事件ではないだろうが、上記の人間に対して普通じゃない感情を持っている人間は他の野党や女性の嫉妬や腐る程いただろう。

だが、このチャンネルが誰かを引きずり下ろす一端になっていた可能性もあるのである。

 

現在はそこまで強い影響力を持ったチャンネルだとは言わないが、

そして現在は大人しくしている朝堂院ではあるのだが、世の中に影響力を持った人間や組織が上の世界から狙われるのである。

 

あまり、彼の話は聞いていないのでどうでもいいが、意識にホリーがある人間の行動が人を幸せにする事はないのではないでしょうか?

現在は軽いが、いずれ組織が大きくなった時に下のようなレベルでは済まなくなるのではないだろうか

自分にとって都合の悪い人間を叩いてるだけなのである。

 

 

グレーゾーン金利を廃止したのは自民党だが、何を隠そう闇金は自分の息子で特殊知能暴力団として警視庁に認定されたグループからの上納金が彼の資金源なのである。

 

政治を成すものは人々への愛を持って行うべきである。 ホリーの意識を持った男がトップになったドイツのヒトラーを忘れてはいけないという事である。

 

「厄介の種は消すに限る」である。

そして筆者の行動の動機に人の不幸が嫌い。本来はどうでも良かったのだが、向こうが喧嘩を売ってきた事が引き金となり悪と認識したものを潰そうとしているだけなのである。

 

・グレーゾーン金利の廃止、組織犯罪処罰法(息子が初の共謀罪で逮捕)法案を作った自民党潰し

・築地・オリンピック・小池百合子
・森友学園事件 安倍倍晋三・猪瀬直樹
・MXテレビ
・デヴィ夫人、すしざんまい、仮想通貨が詐欺の連呼
・暴力団対策法の拒絶
・3:11 福島産の肉の推進

・北朝鮮 拉致被害者は里帰りやら、パチンコに朝鮮系は現在は少ない 異様な北朝鮮援護
・北朝鮮に対する経済制裁をやめろ

・公務員の給料カット 良い一面もあるが、彼の場合は弱者の不平不満が根底にある

 

 

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です