JRP Television二週間の停止から今後の方針を総裁が決定したのでご報告と助言だけしておきます。


JRP Televisionのチャンネル二週間の停止になって、いよいよ次でチャンネルが削除される事になるわけだが、筆者の在職中は一度もペナルティをもらった事がなかったのだが(事前警告で終わり)

 

一ヵ月以内で二回となると、すぐに次も来ることだろう。

 

そこで総裁の決定した答えが「全動画のバックアップをして二週間後に再開する」との事らしい。

 

別にそれでも構わないのだが、仮に1万個の動画のバックアップを取ったとしてもそれを再アップロードしてもまた同じように伸びるかは不明だし、多すぎて管理できないのではないでしょうか?

 

既にSNSやBLOGでリンクされている動画も多数、存在する中、チャンネルの削除のリスクはとてもデメリットの方が多いのではないだろうか?

 

現在のチャンネルの動画を二週間後に公開にして残したまま、新しいチャンネルに誘導して新しいチャンネルで最新動画を上げていく事が一番、良い選択かと思うのだが、それでも過去の動画でペナルティを一個でも食らえば、アウトなわけだがリスクは低いだろう。

 

 

その間も広告収入は入るだろうし、新しいチャンネルに人が移行が完了すれば過去の動画はJRP Television 新しい動画もNew JRP Tlevisionに、もしくは間違いなくセーフの動画だけはJRP Televisionにも流す事もできると思われる。

 

そして、現在の一万本以上の動画をバックアップするのに二週間ダウンロード作業が必要でHDDは6Tは必要になる事と、仮にバックアップしても上述の通り、一万本の動画をアップロードの管理をするのは難しいだろう、現在のチャンネルを残す事に意義がかなりあると思われる

 

そういう事で交渉、すり合わせをしてみるが。 結果はまた後日

ちなみに今回の一件でBLOGにかなり人を誘導できたように、新しいチャンネルを作って誘導するのは非常に簡単かと思われる。

 

 

過去の動画を再公開してもいいのだが、2018年11月1日以降のバックアップを取らないで、チャンネルが削除された場合、その分はもう帰ってこないので、それでもいいのなら。

 

ドロップボックスにアップロードされた動画が新チャンネルで自動化できるように、偶然デスクトップにあった動画をテストで入れただけで特に意味はないです。

 

とりあえずバックアップを取れば公開してよいという意向のようですが、そもそもそんなメンドクサイ事を誰もやらないので。

 

それと足を引っ張るという表現だが、

 

お前本気で言ってんのか? 自分が世の中を動かせば、世の中が良くなると本気思ってる気持悪い思想回路をやめた方がいいのではないでしょうか?

小池百合子の一件に関してはカイロ大学が正式に発表した時点でお前はカイロ大学と小池百合子が談合したという陰謀論しか逃げ道がないはずなんだが。足の引っ張りいう考えは現実から逃げてるだけなのではないでしょうか?

 

 

ちなみに今回の一件でBLOGにかなり人を誘導できたように、新しいチャンネルを作って誘導するのは非常に簡単かと思われる。 一週間で5000PVで他記事もじわじわ増えてはいるようです。

 

 

 

ちなみに、今回のチャンネル停止の前にタロットカードで仕事に関して占ってみたら「悪い取引が行われている」と出ていたのだが、ブラック企業にでも人材紹介されかけてるのかと思っていたのだが、これの事だったのかもしれない。

だとすれば。誰かの悪意で起きた事なのかもしれない。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です