人類最大のエネルギーは「性」だが、「性」に次ぐ「嫉妬」というエネルギーについて


 

ジェラシックパークである筆者の周りであるが、ジェラシーは人間である以上は誰でも持つ感情なのかもしれない、犬ですら強く持つ事があるようである。

 

筆者はほとんど、そのような感情を持つ事はないのだが、筆者は人の反感を買いやすいので色々な経験をしている事からこの世界には深い見識を持っていると自負している。そのジェラシーにというエネルギーについて記載したいと思う。

 

その人をみるとつい批判したい気持ちがわいてきたり、何か悪い所を見つけたくなるような事があります。

 

まず第一に人間はジェラシーを感じる瞬間とはいったい何なのか箇条書きで書いてみようと思う。(簡単に言えば人間が何かを欲する煩悩が全ての原因)

・こいつは将来、自分の地位を脅かす(ダグラスバレット(笑))
・自分にはできない事や、手に入れたいけど手に入れたいものを持っている。

異性や学歴、お金、自信や態度、人気、ルックス、才能

 

自分がなりたい姿を実現している、もしくは実現する恐れがある人間に人は嫉妬するのですが、例えば何の努力もせずに運だけで成功してしまうような人間も嫉妬されやすいのである。

例えば筆者の話であるが

最近、タロットカードとは別のプログラムをタロットカードのように使う事をよく行うのだが、他力本願のカードが出るのである。

このBLOGはアクセス数などは考慮していないが、偶然にも幸運が重なってアクセスがやや増えているのだが、何の努力もせずに成功する人間は特に嫉妬されやすいのである。

 

どうも、このBLOGで発信する事は反感をとても買っているようで、そろそろアメブロにでも移行するべきだと占いでは出てしまうのだ(アメブロというプラットフォームに置いた方が伸びる)

 

ライターとしての才能を自分に感じて、続けたい意志もあるのである。

人の念に敏感な筆者は筆者は静かに幸せに暮らしたいのでステルス性が欲しくなり、そろそろ移行をする可能性を秘めているのだが

が・・・

 身の回りの環境があっと言う間に変化する。というカードも出ているのである。

 

 

 

余談は置いといて、次は嫉妬の念がもたらす害について幸福の科学が主張している事を書いてみよう

 

嫉妬してその人を否定するという事は潜在意識という世界で自分がなりたい姿を否定しているという事になるのである。

 

つまり、自分がなりたい姿を心の中で否定している人間は絶対になりたい姿になる事が難しいという話である。

 

そして、そのエネルギーは成功者を引きずり降ろそうような現象を起こす事もあれば、そのエネルギーを自身の行動力に変えていく人もいるのである。

 

 

このエネルギーがなければ文明や世の中は発展しなかったが、嫉妬のエネルギーで不幸を生んでしまった事例も多く存在するのである。

 

性エネルギーも本来は行動力に転換するものだが、嫉妬というエネルギーも自分も努力しよう。という良い方向に転換ができれば世の中は良い方向に向かって行くのかも知れない、

 

その人をみるとつい批判したい気持ちがわいてきたり、何か悪い所を見つけたくなるような事があります。

 

 

こんな人間になったら、誰も幸せにはなりません。その実例を紹介する前回書いた記事の続きがあるのだが、本人の社会的信用や株が落ちるので下書きとして残しているところです。 だが、とてもサゲマンが起こした悲劇というタイトルがとても、男女間の関係について良い言及できていると思うので、とても迷っているのです。

 

http://jrptelevision.com/2020/09/04/%e7%94%b7%e5%a5%b3%e3%81%ae%e7%90%86%e6%80%a7%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e6%84%9b%e3%81%a8%e6%ac%b2%e6%9c%9b%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e6%84%9b%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%80%80/

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です