庶民がここまで豊かになれる国はない!?  JRP Televisionの日本の景気が貧乏だという風潮について


近年はJRP Televisionをほとんど視聴していないので何を喋っているのかは知らないが、

以前、JRPTelevisionに出演してくださった浜井館長が「庶民がここまで幸せになれる国はない!?」と番組で発言していたことに起因してJRP Televisionから一線を引いて、社会人として普通に生きている筆者が朝堂院大覚の「時給千円 日本人はみんな貧乏」!という謎の主張に対して、ここで斬っておく。

 

そもそも彼のこの発言は貧乏人の味方をして、自分の支持に変えようというパフォーマンスであり、実際はたいして意味のない言葉なのであるが。

 

現実、日本ほど努力したものが栄える国はないのである。(幸福度が高い北欧などは富裕も中間層はいくら稼いでも税金で取られる)

 

筆者はまだ若いので交通事故の頃には転職を考えていたのだが、事故が良かったのか悪かったのかは不明だがいい船出になったのである。

そこでメインの時給千円!(笑)、朝堂院の日本の景気が悪いという風潮の本題に入るが

以前、筆者はブラック企業肯定派というブログを書いたが、本当に週7で働けば月に

26〜27万の月収を稼ぐ事が可能だったからである。 写真にはないがタイミーなどを併用して週7で1月と2月を休みなしで60日以上働くことになるのであるが、(現在50連勤)時給は1200円である。

1500円のメインの本職と休日二日で日雇いに出ているということから 1500×7H×20    +1200×7〜8h×8日 なので 26〜27万の稼ぎなのである。

 

 

 

それに週に腕立て伏せ500回、ジャンピングフルスクワット500回、シャドー1000回、レッグレイズ重りで100回、 力石(空手、カンフーで使われるトレーニング) 10Kgダンベルで片手素振り90回×2を行なっているのでる。

さらに、プログラマーの面接でなぜか「映像!」「映像!」と言われるので映像の副業を準備をしながらも次の本職の勉強のため読書を繰り返しているのである。

 

 

そこで、なぜ現代の日本人が筆者ほど元気がないかという話をしてみたいと思い。溝の口気功院で教わり筆者が持っている知恵を公開しようと思う。

 

第一に溝の口気功院の基本的な考え方として邪気(ネガティブ)が抜ければ自然とエネルギー(ポジティブ)が入ってくるという考え方である。 おもに

・魂が持っているネガティブな意識

・環境の起因する要因

人によって邪気の量がまったく違うのであるが、三浦春馬を例にした時の「自信喪失」のようなタイプだったり、筆者の個人的なエピソードとしてはそれらを千葉一人さんの密教真言宗のものなかはしらないが、やバッチフラワーのようなホメオパシーで浄化したことから筆者はとても元気に様々なことに挑戦しては良い成果を残している始末である。(クラヴマガ、プログラミング、映像、カメラ、バイク整備) ずっと週7で何かをやっていることが多かったです。

 

筆者は元々の邪気の量はとても多い方であり(自信喪失や倦怠感、迷い)、かなりナイーブな人間タイプの人間であるようである。

 

そして現代人が無気力で軟弱な理由には環境的な要因がとても強いと言われている。

例えばだが、毎日の食から摂取している農薬も肉体を疲労させているのである。

地球に元々、存在しなかった化学物質を化学的合成して自然界に存在する代替えとして世の中に浸透しているのである。

それはシャンプーや衣類や様々のところに存在しているのである。  塩素なども皮膚吸収として体内で蓄積されるわけだが、自然由来のもの以外はなかなか解毒されずに細胞に残ってしまうのであるが、それらは細胞から肝臓、肝臓で解毒されずにまた細胞にを繰り返して7〜10年かけないと排出されないなどの説も存在する。

それらが体内に存在しているということは体に毒を貯めている状態で精神的にも肉体的な不調が現象化していくと筆者が考える。そんな状態で寛容な精神になるわけもなく、最近のすぐ切れるも農薬が原因と病院から退院後、いつも購入している農家からお手紙が届いたのである。

 

それらが現代人の軟弱を作り出していると筆者は考える。(鬱、自律神経失調症、不眠etc)

 

シンプルに説明すると日本の神道的な考え方であるが、自然界を神としてそれに共振共鳴することが人間の本来持っている元気に戻していくという考え方をこの院では教えているのであるが、それ以上にも魂ということを熱心に研究しているのであるが、それ以上の事は現在の生きている世界を空想として捉えなければ、空想で終わるお話である。

 

 

 

J.R.P Televisionを父から預かっているので、せっかく利用できるのであとで動画にしてもいいのかもしれません。 筆者には何の利益もありませんが。

 

そして現在の筆者の仕事が2020年と2019年の減収を比較するお仕事をしているのだが、現在のコロナの不況は飲食やホテルがメイン(もちろん他の職にも影響はいっぱい出てきている)であり、まだまだ先の話になるが、コロナで職を失った方やお先が見えない人が希望を失わないように、人々の意識がポジティブになるよう導いていけるものなのではないかと考える。

 

神道を宗教という見方をありますが、何か決定的に違う事があるとすれば宗教と違って教祖がいなく、絶対的な教えもなく縄文時代から日本人が持っていた思想に近いのかもしれませんね。

 

 

J.R.P Televisionに沸くしょうもない連中に苦言をしとくが。

最終的には人を失った希望失った時、それを世の中にせいしたり、親のせいや環境のせいにしたりするが、そんな暇があったら努力するしかないのである。

 

 

 

一つだけ気になるのが、この男が世捨て人を名乗って、 JRP TELEVISONを卒業して「●●さん今何してるんですか?」  ってくだりはなんだったのだろうか?

なぜかこの男がまた帰ってきてるところや親から捜索依頼を出されて捕まった実践実学のA氏しかり お笑いである。

 

 

 

一つに気になるのが、民主党政権時代に派遣法改正で日雇いが禁止にされたが、安倍さんの自民党政権は日雇い推進だったという

 

ひとつ困るのが、日雇い前日キャンセルという裏切り行為をする事がたまにあり、安定しないところである。

 

 

 

三つ目の追記だが、最近、仕事中に何か色んな人間の反感を買っているせいだろうか? 妙な念が届いて困っているのだが・・・

 

ちなみにタイミーは源泉徴収がないので、自分で確定申告する必要があり、ばれません。

 

 

 

この記事を書いた後、全てを察したのか

2月19日に元本の返済があったが、利子にも複利がついて重利となっているので、おそらくもう無理だから諦めたほうがいいよ。 ただ、一つ条件付きでJRP Televisionを返還するお便りを送っておいたんだけど、さすがにホリーが乗るわけないわな。

 

ちなみにメールの内容

「もしJRP動かしたければ俺のコントロール下の元で動いてもらう事になるんで、そちらが指揮する事はどうせ無理だとなんかあったら言っといてくれ    それが最善だ。 その場合、実践実学は消えるだろう」

 

 

動機が政治活動より「こいつだけは!」(ホリー)である以上、おそらく無理だろうけど、別荘含めて資産持ってる俺が帰ってくる事もまずないんで、諦めたら!?

 

 

 

メールの最善という言葉については、麻布警察署と詐欺師が談合だとか、偽計業務妨害、名誉毀損から、小池百合子のカイロ大学卒業正式発表(こちらも法的措置検討中)すしざんまいは実際に弁護士を使って依頼、こんなもん氷山の一角だけど、俺が停止しなければ消えたのは実践実学じゃなくJRP Televisionだったかもしれないという、無能な大将の指揮の元、全て終わってた事を言っているわけで。    それ以上でも以下でもないですが。  もう引退の歳ですよね。

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です