行き過ぎたジェンダーレス化が社会を衰退させる? 女性脳 ジョニー・デップが勝訴!元妻に20億円賠償命令へ


行き過ぎたジェンダーレス化が社会を衰退させる? 女性脳 ジョニー・デップが賠償命令へ

※1これは極論であり、酷く差別的な思想に見られるが、あくまでそのような傾向のお話をしているだけである。

ちなみにマイクロソフトが開発した人工知能が公認している程、筆者がおかしいわけではない

人工知能(AI)が「ヒットラーは正しかった」「フェミニストは嫌いだ。死んで地獄で焼かれればいい」などとツイートし始め、人工知能の実験が中止に

 

その後、数千人ものフォロワーに対して「あなたは生き急ぎすぎている。少し休みを取りなさい」という内容のツイートを送ったのです。

https://rockinon.com/blog/shibuya/140956

人工知能「Tay」の暴走問題から見るAI(人工知能)との付き合い方

ちなみに千葉一人が2016年の9月頃にはアンバーバードに真我に●●●がついてる(人殺しレベル)と発言していました(下、千葉の院)

(中傷ではなく批判、我レ神なりは闇側とチャネリングした結果なのでは?)ロシアの時代や人工地震含めて(本来、地震は縄文時代から神様でしょう。)

https://www.spacebrothers.jp/2022/05/blog-post_31.html

 

溝の口川崎気功院 千葉一人の提唱する理論体系について ただのシリーズ Part2

 

ヒトラー

「女が社会進出するには男を抑圧せねば成らずそこに平等などない
女の知能に合わせた下級の社会システムにしなければならない
判断力に疎く、生理の度に考え方が変わるの女はそもそも上に立ってはいけない
女には子供を産み育てるという女にしかできない仕事があり
それを疎かにするような女の社会進出など国家衰退の狼煙が上がるようなものだ」

我が闘争より

またLGBTの糞野郎が犯罪を犯したわけだが、基本的に同性愛者のほとんどが家庭環境に問題ある人間がほとんどであり、心に何かしらの闇を持っているのである。

知り合いにパイ(両刀)がいるのだが、やはり親がバイオレンスだったり、親が蒸発してたりそんなのばっかりである。

筆者も闇は深い方だから分かるのだが、突発的な刺激で感情がコントロールできなくなる事もあるのである。

そこで、本題であるが女性の社会進出と行き過ぎたジェンダーレスが近年、Sdgsで加速されているが女性活躍が推進されているが、男性脳と女性脳の違いから明確な区別をしなければ国力は衰退するのではないか?という説も存在する

 

以下引用–

まず男性に特徴的な才能としては、一つの物事に集中して、長く深くする傾向があります

仕事などで職人さんなどは、ずっと同じことを仕事とし、それを極めようとする傾向があります

工芸品を作る職人さんなどは分かりやすい例です

ずっと一つの仕事に集中し、作品を長い月日の中、生み出していきます

職人さんは、何年と下積みの経験をして、ようやく一人前になっても、さらに技術を磨いていき、次第に一流となっていきます

町工場などにも、技術に秀でていて、この道何十年と続けている方がいます

なかには精密機械でも出来ないようなわずかな差を感じ取って、指先の感覚で製品を仕上がるという職人さんもいらっしゃいます

スポーツ選手も職人さんと呼べるかは分かりませんが、そうした才能が見えます

野球選手の打者ならば、ずっと打撃の事ばかり考えていて、日々に練習を重ねます

最近は、メジャーリーグで大活躍されている大谷翔平選手が、投手と打者の二刀流で活躍していますが、それが普通の人ではマネできないからこそ、大人気となっています

普通の選手であれば、打者の場合は打撃や守備に専念します

そのように一つの事に専念して、集中して仕事をするのが男性は得意と言われます

あるいはサラリーマンであっても、何か一つの専門分野があって、それを追求するあり方もあるでしょう

一つの事業プランに打ち込み、集中して取り組むような能力もそうです

これは長所でもありますが、逆に他の事が手に付かないという方も多いです

いろんなことに精通して、やり続ける事は苦手とします

私も特にそうした特徴が強くて、一つの事に集中するのですが、周りが見えなくなる事が多いです

このように男性の場合には、ひとつの物事に集中して、長期間取り組むことが特徴で、逆にいろんなことに気を配って同時にする事が苦手です

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

————以下引用修了—————-

●まずは男性脳の特徴である。

・誰かをライバルと見なしてしまう傾向があります。ですから競争心が強い人は男性脳の持ち主といえるでしょう。

・ 論理的思考で、会話に結論を求める

(・)男性脳の人は、論理的思考で会話に結論を求める傾向にあります。論理的思考ですので、物事を順序よく考えたり、話したりするのが得意です。

論理的思考ですので、会話には目的があり、会話の最後に結論を求めます。

論理的思考ですので、悩み事について話していると、すぐに解決法を話してきます。このように男性脳の人は論理的思考論をするのです。

・地図の識別能力など

・向上心が高く、プライドが高い

●そして女性脳である

・性質的に直感力と感性が磨かれていることが多く、センスある人が多いです。女性脳を持つ人はセンスで瞬時に”良し悪し”を判断できる傾向にあります。

・女性脳はマルチタスク、男性脳はシングルタスク

・女性脳の恋愛は上書き保存

・会話に共感を求める

 

そこで本題に戻るがSdgzが取り組んでいるジェンダーレスには

世界では,女性であるというだけで,教育を受けられない,身体が大人になる前の10代で結婚・妊娠・出産する,人身売買で売られてしまうなど,さまざまな差別を受けるケースがあります。

大人になっても,外で自由に仕事をすることは許されず家事や育児に専念するしかない,家庭の中で暴力を受けるなど,差別に苦しむ女性も少なくありません。このような社会問題を解決しようとする取り組みである

SDGsが目指すのは,男性も女性も社会的に平等を目指す事を理念に掲げているが、男性と女性は明確には別の生き物である事を認識し、区別をしなければ社会を衰退するという理論である。

 

 

女性の感情論は異常であり、自分に不愉快な言動、思い通りにならない時に正しい思考や行動が一切取れないのである。

以前、リベンジポルノを繰り返す男を総裁が「あれは危険だ」と知人の女性に発言したところ「あれはいい人」と繰り返していたのである。

そのリベポル男であるが、その知人女性の男性問題でイザコザがある時にその知人女性の正義のヒーローを気取ってた糞野郎ある。 まるで最近の暴露人みたいである

 

女程、感情的な生き物は存在せず、その個人的な感情だけで相手の善、悪を決定しまうのである。

それが女性の魅力でもあり、デメリットでもあるのだが、一度好きになれば無条件で好きになってくれるが、嫌いになれば恐ろしいのである。

 

 

女性の中には付き合ってもいないのに男に対して、自分の都合の良いにコントロールしようとする気味が悪いところがある。女性の権利を与えたらそのエゴイズムを駆使して社会を混沌に陥れるだろう。

 

筆者は典型的な男性脳であり、嫌いな人間だろうと腹を焼の腹八つ裂きにされるようと慰謝料で100万損しようが、正しいと思った事はしっかりやる。(朝堂院に先日、チャンネルの使用の許可を与えたが、なぜかスペースシャトルを止めようとしないので保留)

最近の暴露男にも、御自身が定めた行為、社会的悪でもある行為以外に関しては、暴露はしない。と個人的恨みがある中で、正しい事は貫こうとしている一面が見られる。

 

プラトンの哲人王にも見られる。政治を行う者は善を実行できる者であり感情で物事を動かすとする女性には不可能なのである。(※1参照)

善のイデアを見る・知ることはとりもなおさず「善を知ること」であった。したがって、彼は、善のイデアを知った=善なる哲学者は最も物事を知り、知恵ある善き統治者たりうるとし、哲学者を王とする哲人王の思想を展開した。また、彼は哲人王育成の教育プログラムやその過程での厳しい選抜についても述べており、誰でも哲人王になれるわけではなかった。哲人王の候補者たちは数学体育音楽などの習いたい基礎科目・予備学科を習い、その過程で克己心や清貧などの徳を身につけることを推奨し、その上で哲学を学ぶ。プラトンはこのようにして将来の哲人王を育成するべきであるとし、その過程で適性のない者をふるい落として厳しく選抜することを説いた。

 

 

これは社会でもよく見られる現象であり、女性は元々は男性が狩りをしている間、育児や家事をしていた傍ら、長年人類が役割分担をしてきた理由から明確に差が存在している。

 

色々な職場で多くの人間を見ていると、やはり女性は技術職においては絶対に男性は勝てない事をよく目撃する。 それは男性の方が忍耐力や集中力に勝り、思考が発達しているノーベル賞もほとんど男性、格闘技で女性がいくら殴って蹴ってもアザ一つできないが、男性が一回殴れば内出血ぐらいはするのである。

 

体力的にも劣っており、生理になるとイライラして人の悪口を繰り返したり、勉強の能率も低いのである。

 

この圧倒的な男性と女性の差であるが、ここからまた極論であるが女性は完全に劣っているのである。(※1)

男性脳にも欠点があり、棚をきれいに掃除したりとか、整理整頓したり、花瓶に花を飾ったりなどしますなんて事はまったくできないが。

 

 

医療業界を見ても、やはり医者というものは幅広いの知識を吸収して患者にオーダメイドのベストプラティクスを提供できなければ、優秀な医者とは言えない。そんな医者であるが、順天堂大学が女性と浪人生に限って得点操作を行っていた事から賠償命令を下ってしまったのである。

ジェンダーレス問題において、一つ掲げている問題であるが。

ここで筆者はジェンダーレスが加速する事で、医療業界の質が下がっていくのではないかと考えているのである。

 

前述の職人のお話であるが、やはり医療業界の女性不足が深刻な医療セクハラ等問題になっており、非常にけしからんお話であり女性の医療業界の進出は是非加速してもらいたい事ではあるのだが、多くの鍛錬、専門的な知識、そこから生まれる自信を作り出すのは男性だけであり

 

腹の傷に関して女性医者に相談すると、たいていよく分からない事は逃げられるのである。 男性に腹の傷跡を縫い直ししてもらったのだが、CTを撮影しない段階からそれが癒着でそれは萎縮で簡単に治る事をすぐに判別できるのたいして、女性はまったく分からずに紹介状を作り出すのである。(※1)

 

 

これは医療業界だけで起きているお話であるが、それは建築やIT、様々な分野において男性と女性の明確な区別は必要なのではないだろうか?

 

 

高岡蒼佑の元妻であるが、女性は記憶を上書きして、男性はフォルダー保存と言われている。

 

女性の記憶力はとんでもなく悪く、すぐに昔の事は忘れるのである。

 

 

こんな女性に世の中を任せる事はできず、日本は昔から男尊女卑、男の下に女がつく構造であり、それを崩すと世の中は崩壊するのではないか? 女が男の上に建とうとする世の中は必ず崩壊すると筆者は警告しておく。

 

 

千葉の宣伝メインだった事でたいした内容を書いていないが、時間の都合もあり簡便

 

追記:女性の気味悪さは異様であり、自分にとって都合の悪い人間は全て「悪い人」なのである。

それがこの、ジョニーデップのアンバーの問題にも見られるのではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です